インテリアモリソン - 愛知県春日井市

NEWS RELEASE 新着情報

ルーセントホームのファブリックブラインド

ルーセントホームのファブリックブラインドです。

特殊な羽の形状により、変わった動き方をします。

PC040131.JPG

スラットを開けている状態です。

PC040130.JPG

上の写真は閉めている状態です。

スラットが「く」の字に開閉するようになっています。

解りにくいので動画でどうぞ。

 

完全遮光のハニカムブラインド

ルーセントホームのハニカムブラインド

シェルシェードの施工です。

レース生地のついたダブルタイプ。

不透明生地には完全遮光のオパーク生地を使用。

P1250201.JPG

昼間に電気をつけて室内から写真を撮った場合です。

下の写真は電気を消して撮りました。

P1250202.JPG

完全遮光ですので、ブラインド三方の隙間から漏れる光が目立ちますが

室内は真っ暗です。

しかもハニカムブラインドの場合、昇降コードの通る穴が生地に空いていないので綺麗です。

P1250200.JPGP1250203.JPG

レースにした状態です。

P1250198.JPG

ダイニングスペースですが、光を通す採光生地です。障子のようです。

写真ではわかりにくいですが、カラーはグレーになります。

吹抜けに電動ロールスクリーン

松坂まで遠方の現場です。

お客様もわざわざ打合せに春日井まで足を運んでいただきました。

有難いことです。感謝。

コの字型にある吹抜けに電動ロールスクリーン

サイレントソフィーを設置いたしました。

PC180147.JPG

圧巻の吹抜け。ここに設置です。

ロールスクリーンを下すとこんな感じです。

PC180148.JPG

ALLで降下している動画です。

吹抜けから見える青空もスバラシーイ!!

リビングのカーテンはこんな感じです。

PC180149.JPG

有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェカーテンの2倍ヒダと1.5倍ヒダ

小窓のレースカーテンとして、よくカフェカーテンを設置します。

他の窓に取付けたレースカーテンと同じ生地で

上部に「つっぱり棒」を通せるよう袋縫いにするだけです。

P1230164.JPG

こちらの写真は1.5倍ヒダ。窓の幅に対して生地を1.5倍使用します。

P1230163.JPG

こちらは、2倍ヒダです。

1.5倍ヒダはスッキリと可愛らしい感じで、2倍ヒダですとゴージャスなイメージに

感じないでしょうか。

上部には30mm程のミミ立てを付けております。

裾の折返しも、5mmにしたり、50mmにしたり、ウエイトテープを巻いたり

装飾トリムや、フリルを付けたりすることも出来ます。

P1230166.JPG

メインのカーテンは、こんな感じに仕上がっています。カーテンもレースも麻です。

 

クリスチャン・フィッシュバッハのカーペット

弊社の玄関マットを変えました。

なんと贅沢に、フィスバのカーペットです。

P2110225.JPGP2110002.JPGP2110001.JPG

選んだ柄は、「Adorno」メリノウール100%のカーペットです。

ハンドメイドですので、2ヶ月かかりましたが大満足です。

デザインは37種類。素材は他にもシルク・麻があり素材のミックスも出来ます。

カラーはそれぞれの素材で、多彩に揃えており自由に組合すことが出来ます。

気になる方は是非、見に来てください!

ご説明させていただきます。

クリップカーテン

トーソーの一般レール ネクスティ―を天井に直付け。

ナチュラルな無地の生地をテーブルクロスのように

長方形に縫います。

PC220053.JPG

写真のようにクリップランナーで等間隔にはさみ、レールにつるしているだけ。

丈も床より長めに・・・

カーテン?クロス?上部の、自然な垂れさがりがとっても良い。

簡単な仕上げ方で、とっても自然な感じに仕上がりました。

PC220051.JPG

オリジナル横取りレースカーテン

レースの生地巾(約3m)をカーテンの高さでとりますので

レースカーテンの継ぎ目が無い仕様になります。

PB100091.JPG

ロープタッセルとのコーディネートもカワイイ!

マンションの横に広い窓ですので、迫力あります!

縦型ブラインド ミックスルーバー

会社の会議室です。全ての窓に、ニチベイのバーチカルブラインドを設置しました。

P4300032.JPG

単色にするのも寂しいとのことで、お好みのルーバー(羽)の色を自由に組み合わせてつくれる

ミックスルーバー仕様にて。明るい会議室になりました。

いつもバーチカルブラインドを設置するときに、気を付けているのがスラットの長さ。

各メーカーでは、スラットの長さを取付位置の高さから2cm差し引くとなっていますが

2cmも引いてしまうと、カーテンの丈が短いのと同じように

カッコ悪くなってしまうと思っております。

ベランダ窓も含めて、出来るだけ1cm差し引くかたちで制作しております。

このような窓にもハニカムブラインド

P5190085.JPG

木の家です。このような横に広い窓にもルーセントホームのシェルシェード。

さりげないインパクトがあります。

P5190084.JPG

サッシガラスの開口をブラインドで隠さないように

窓枠上部をブラインドのたたみ代分高くしております。