インテリアモリソン - 愛知県春日井市

NEWS RELEASE 新着情報

サイレントグリスの別注カーブレール

知り合いのコーディネーターさんからの依頼で

サイレントグリスのカーテンレール3840を特注でカーブにしました。

このレールは、クランプ式のブラケットを使ってレールを設置すれば

取付金具が見えません。

P7170002.JPG

リビングとキッチンの間の空間にディスプレー。

サイレントグリスのカーテンレールは何でも出来てしまいます。

P7170005.JPG

縦型ブラインドにレースカーテン取付

一年程前に、刈谷の高層マンションで縦型ブラインドを設置させていただきました。

お客様はすごしてみて、やっぱりレースカーテンからの

柔らかな光を感じたいと、ご要望を頂きました。

当初、カーテンボックスにブラインドを設置しており、ボックスの幅が比較的広かったので

ブラインドを手前に移設し、奥にカーテンレールを取付けレースカーテンは

フラット(ヒダ無し)でフック間隔も狭くし、レールに対して1.1倍の仕上りにしました。

P7120016.JPG

ブラインドを閉めてしまえば、レースカーテンの存在も解りません。

ブラインドを左右に開ければ、レースカーテンから柔らかな光を感じることが出来ます。

P7120015.JPG

お客様にも、満足いただきました。

夏季休暇のお知らせ

弊社では、

8月13日(月)から15日(水)まで夏季休暇とさせていただきます。

ご不便おかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。

 

店内サンプル色違いの麻刺繍カーテンをお選びいただきました

弊社では、「Lif/Lin]麻シリーズのカーテンサンプルを多数そろえて展示しております。

その中で、お客様に刺繍のフォレストシリーズより、LL5022をお選びいただきました。

弊社の見本はブルーの刺繍でしたが、薄いブラウン系の刺繍生地です。

色違いは生地サンプルの付いたカタログでお選びいただけます。

P7290001.JPG

部屋のクロスが淡いパープルですので、ぴったり合いました。

P7080014.JPG

カーテンレールもアイアン調の「プロヴァンスEX」クリームブラス色。

P7080012.JPG

タッセルもナチュラルに「クルミ」(タチカワブラインド)です。

ボールの先の強力なマグネットでくっついています。

P7080011.JPG

 

 

窓の開口を広くとる為にFUGA取付

お客様ご自身で、ネットでいろいろなカーテン・ブラインドをお探しになられ

最後に3D調光スクリーン「FUGA」にたどりつき、この度ご縁を頂くことになりました。

杉板のフローリングに天井も天然木が見せられた、自然観たっぷりのお家です。

P6300046.JPG

FUGAの大きな特徴は、レースの状態でも生地を開けることが出来ます。

P6300047.JPG

また、ロールスクリーンと同じように生地が上部本体に完全収納されますので

窓の開口を広くとることが可能です。

P6300048.JPG

高台にある、この窓のロケーション最高でないでしょうか。

縦型ブラインドの両側開閉

台風も過ぎ、大きな災害もなかったようでひと安心です。

暑さもやわらいだように感じますが、明日からはどうなのでしょうか。

天井板張りのナチュラルな部屋に、縦型のブラインドと

同じ生地のロールスクリーンを取付けました。

生地も糸の質感がある、ニチベイのクランという生地を選んでおります。

P4170079.JPG

こちらの縦型ブラインドは両サイドにバトンを付けていまして、そのバトンを引いて羽を開閉します。

P4170081.JPG

右のバトンを引くと右側が開き

P4170082.JPG

左のバトンを引くと、左側が空きます。

片側が固定式ではないので、ベランダからの出入り、風の取入れには便利な仕様になっております。

ひもで操作を行うコード式にも、「両側操作反対寄せ」といった仕様があり

コードを両サイドに付け、同じように開閉が出来るタイプもあります。

イギリスのベルベット生地でコーディネート

13年前にお世話になりましたOBのお客様。

リフォームに伴い、カーテンも掛け替えいただきました。

写真が無いのですが、以前は綿の小花柄プリントの可愛らしいカーテンでした。

今回は、重厚な家具に合わせてイギリスのクラーク&クラークのベルベット生地でコーディネート。

カーテンレールはそのまま黒のアイアン調の物を使用。タッセルもブラックのクリスタルタイプ。

P5110115.JPG

小窓は以前シェードでしたが、豪華さを出すためカーテンで。

丈は床まで。

P5110116.JPG

とても良い仕上りになりました。

 

麻カーテンで胴継

麻の生地で作ったフラットカーテン。

上部の色は、麻そのものの色ベージュに下部はグレーがかった紺色の生地です。

麻の自然なシワ感がとっても良いです。

麻生地のレースカーテンは、厚地カーテンよりも素材の表情が豊かに表れます。

P4270077.JPG

ベンチ後ろの窓には、ウッドブラインドを設置しました。

天然素材同士でとてもナチュラルな部屋になりました。

P4270075.JPG

美容院の間仕切りにクリックパネルシステム

ご依頼いただきましたのは千種区若水の美容院バリッシュYUKI様です。

フットワークのとても良いオーナー様で、とても楽しくお選びいただきました。

取付させていただいたスタイルは、通常複数枚を重ねて使用する

クリック・パネルシステムというものですが、今回は引戸の変わりのようなパネル1枚です。

ここに設置です。

P6120139.JPG

パネルは2重構造で、手前にフィスバのレースAndro915。

裏にはPASAYAのタフタ生地SELENA。上下で縫い合せております。

このスタイルは通常のカーテンレールに、2箇所のランナーでパネルの左右を留める為、

巾の広いパネルですと、ヘッドバーが薄いメタルなのでたわんでしまいます。

そこで、ヘッドバー2本を強力両面テープで接着し強度を増して対応しております。

P6120137.JPG

部屋の中から見ると、このような感じになっております。

P6120141.JPG

レール1本で左右2枚のパネルカーテンを開閉操作できるようにしました。