インテリアモリソン - 愛知県春日井市

NEWS RELEASE 新着情報

セイキ販売のハニカムブラインド

季節は春から夏へ

趣味のスキューバーダイビング。本格的なシーズン到来です。

しかし今年は、寒い時でも海に潜れるドライスーツ、一度も使わずじまいでした。

いつもお世話になっております木組みの家「丹羽明人アトリエ」さんのお宅です。

冬場の寒さ対策として、窓にはハニカムブラインドを使用。

P3010021.JPG

今回はさらに、多重構造のダブルハニカム。

そして、窓枠とブラインド本体の隙間に断熱レールを付けました。

P3010018.JPG

ブラインド生地と断熱レールが常に接することにより、気流防止効果が生まれ

コールドドラフトを完全シャット。

こちらの商材は、セイキ販売にしかありませんでしたが

今季、ニチベイより「サーモブロックタイプ」という同じような商品が発売されました。

迫力の調光ブラインド・FUGA

今回、掛け替えをさせていただいたお客様は

吹抜け続きのコーナー窓。

南面が幅4900mm 西面が1800mm 高さが2500mmのベランダ窓にプラス2200mmの吹抜け窓です。

当初、吹抜け部分と1階ベランダ部分に分けてカーテンが付いており、吹抜けは下からも

開け閉め操作が出来るよう、紐引きカーテンレールが付いておりました。

今回そこに、調光ブラインドFUGAを8台設置。

P3120001.JPG

デザインシリーズのMS-214れんが調の柄が入っており、ブラインドも連窓しますので

製作現場と細かな打ち合わせの上、柄出しをしております。

結構、迫力のある仕上がりになりました。

お客様からも、以前がカーテンでしたので、すごくスッキリとして使いやすいと褒めていただきました。

P3120005.JPG

ただ、設置前にもご説明はさせていただいておりましたが、ブラインドを閉じた時に

コーナー部分に出来る隙間が夜、気になるとのことで幅20cm程のガラスに貼れるカーテンを

明日、取付に伺ってきます。

一部屋を綺麗にすると、他の部屋のカーテンが気になるもので

現在ダイニングのカーテン・ブラインドの製作進行中です。

おまかせプレゼン そのⅤ

おまかせプラン最後。子供室です。

こちらも弊社では売れ筋の麻100%防縮加工生地 Lif/Linです。

こちらの御新居、唯一のベランダ窓になります。

P2250004.JPG

カーテン・ブラインド設置後、お客様より

「家族全員満足度120%以上です」とのうれしい連絡を頂きました。

今後も何か不都合等ございましたら、お気軽に問い合わせ下さい。

おまかせプレゼン そのⅣ

続きまして、主寝室になります。こちらも小窓3箇所です。

奥様の好みのカラーが、イエローと伺いマナトレーディングのリエットで

シンプルにプレーンシェード。

リエットは綿混のベース生地に刺繍が施してあり

部分的にカービングカットがしてある立体的な生地です。

P2250007.JPG

レースはフジエのスパンボイル・イエローカラーのキートス。

裾フリルのカフェカーテンです。

3mの横取り生地ですので、ロスなく生地の上中下で要尺をとります。

P2250006.JPG

おまかせプレゼン そのⅢ

引き続き、リビング隣の書斎です。コーナーに小窓が2箇所あります。

壁はリビングと同じドライウォールで、薄いイエローです。

こちらもモリソンではおなじみのナニック・ウッドブラインド。

お客様、弊社にあるサンプルをご覧になり、即決定でした。

ブラインドのカラーは、ナニックならではの淡いグリーンです。

P2250012.JPG

窓の正面付で、木製バランス付きになります。

P2250014.JPG

取付時あせったのが、右側に机が付いていたこと。情報不足でした。

しかし、若干取付位置を上にして問題なく納めることが出来ました。

もちろん、隣のブラインドも同じ位置に設置です。

おまかせプレゼン そのⅡ

リビングのプランです。

リビングはドライウォールの壁に、小窓が2箇所になります。

提案させていただいたのは、フラットバルーン。約1.3倍ヒダ上部インボックスタイプ。

P2250011.JPG

使用している生地は、CLARKE&CLARKE。

麻100%のプリント生地です。裾にはマナトレーディングのトリム・ブルレスカ。

P2250009.JPG

窓枠の中にレースカーテン。こちらもCLARKE&CLARKEの麻混生地。

おまかせプレゼン そのⅠ

この度、お世話になったお客様。

カーテン選びが解らないので、玄関・リビング・書斎・寝室・子供室 

すべてプレゼンしましょうとご提案させていただきました。

それぞれの部屋に、2案ほどプランを提示しました。

ご決定いただいた内容のご紹介です。

まずは、玄関の窓です。

おなじみのFUGA・BASICシリーズです。

P2250017.JPG

窓枠の中に納まり、すっきりとお洒落に。

採用いただけなかったプランは、バランス付き全交差2重レースカーテンでした。

スワッグ&カスケード

かれこれ20年程前より、お世話になっているお客様です。

今回は、リビングと以前使っておられた寝室との境に建具が付いていたのを取られて

そこに迎賓館のようなカーテンを付けたいとのご依頼を頂きました。

リビングに窓はなく、ここがメインの装飾になります。

P2230121.JPG

いつもおまかせでカーテンを作らせていただいているのですが

今回は、フィスバとパサヤのカタログを持参の上、確認いただきました。

以前、主寝室にパサヤのベルベット生地を使っていただいていることもあり

この度もパサヤのベルベットダマクス柄をお選びいただきました。

P2230123.JPG

こんな感じです。

P2230126.JPG

トリムには、マナトレーディングのポッピ。

タッセルもマナトレーディングのバーチェです。

P2230124.JPG

いつも、有難うございます。

ツインシェード

今回、施工させていただいたのがLD5箇所の窓が全てツインシェード。

カーテンとは違い、平面で壁から出っ張りださないので、すごくスッキリとしたイメージ。

P2150110.JPG

使用した生地は、IN HOUSEのデニム帳の生地IH459ブルー・ジーンに

レースは IH533-02レガッタです。

男性的なイメージ。実際、男の方が選ばれました。

P2150112.JPG

ダイニング側は、予算のことも考慮して手前の生地はHAMPSHIRE GARDENSのSC2702。

ポリエステルと綿の混合糸で風合いもよくコストメリットの高い生地です。

人気があるせいか、よく欠品します。

P2150114.JPG

リビングの生地とも違和感なく、よくマッチしております。

瀬戸内デニムのカーテン

すごしやすい季節になってきました。

植物の芽が吹き始め、春の訪れを感じます。

雑草処理も大変ですが・・・

今回、設置させていただいたのは、デニムのカーテンです。

デニム生産日本一の瀬戸内MADEのカーテンです。

今回使用した生地は、ジーパンのような生地ではなく、テンセルと綿素材の

柔らかな生地です。(ジーパンのような生地もあります。)

P2220116.JPG

肌身に付ける生地なので、さわり心地もとても良いです。

麻生地と同じように、天然繊維ですので吊り伸びが若干あるようです。

P2220118.JPG

弊社にも、サンプル生地を吊っておりますので

是非、さわり心地を試しに来てみてください。

image2.jpeg

〈瀬戸内デニム㈱より引用〉

広島県福山市は江戸時代より日本三大絣のひとつ「備後絣」の

産地として名を馳せた「繊維の街」。現在では「高級デニム生産日本一」に

輝く世界に誇るデニム産地として注目されています。

瀬戸内デニムは長い歴史に培われた高い技術を持つ製造と縫製の老舗企業とコラボレーション。

瀬戸内デニムのオーダーカーテンを通じて心豊かな毎日をお届けします。