インテリアモリソン - 愛知県春日井市

NEWS RELEASE 新着情報

ツインシェード

今回、施工させていただいたのがLD5箇所の窓が全てツインシェード。

カーテンとは違い、平面で壁から出っ張りださないので、すごくスッキリとしたイメージ。

P2150110.JPG

使用した生地は、IN HOUSEのデニム帳の生地IH459ブルー・ジーンに

レースは IH533-02レガッタです。

男性的なイメージ。実際、男の方が選ばれました。

P2150112.JPG

ダイニング側は、予算のことも考慮して手前の生地はHAMPSHIRE GARDENSのSC2702。

ポリエステルと綿の混合糸で風合いもよくコストメリットの高い生地です。

人気があるせいか、よく欠品します。

P2150114.JPG

リビングの生地とも違和感なく、よくマッチしております。

瀬戸内デニムのカーテン

すごしやすい季節になってきました。

植物の芽が吹き始め、春の訪れを感じます。

雑草処理も大変ですが・・・

今回、設置させていただいたのは、デニムのカーテンです。

デニム生産日本一の瀬戸内MADEのカーテンです。

今回使用した生地は、ジーパンのような生地ではなく、テンセルと綿素材の

柔らかな生地です。(ジーパンのような生地もあります。)

P2220116.JPG

肌身に付ける生地なので、さわり心地もとても良いです。

麻生地と同じように、天然繊維ですので吊り伸びが若干あるようです。

P2220118.JPG

弊社にも、サンプル生地を吊っておりますので

是非、さわり心地を試しに来てみてください。

image2.jpeg

〈瀬戸内デニム㈱より引用〉

広島県福山市は江戸時代より日本三大絣のひとつ「備後絣」の

産地として名を馳せた「繊維の街」。現在では「高級デニム生産日本一」に

輝く世界に誇るデニム産地として注目されています。

瀬戸内デニムは長い歴史に培われた高い技術を持つ製造と縫製の老舗企業とコラボレーション。

瀬戸内デニムのオーダーカーテンを通じて心豊かな毎日をお届けします。

ローマンシェードにレースカーテン

今回も麻生地。スタイルはプレーンシェードです。

生地はやはり人気のLif/Lin LL5042W。

刺繍生地で価格も高価なのですが、よく売れるせいかちょくちょく欠品しております。

PA120033.JPG

プレーンシェードの時に、レースカーテンをどう設置するか。

ツインシェードにして、レースも昇降できるようにすることもありますが

基本レース生地は昼間下ろしっぱなしになります。

昇降することも少ないでしょう。しかも価格が上がります。

そこで、弊社がよく提案させていただくのが、窓枠の中にレースを納めるスタイルです。

PA120032.JPG

シェードの平面と似させて、フラットカーテンで。ヒダの倍率も少なめに1.15倍ぐらい。

価格もおさえられ、窓を開けてもカーテンですので心地よく風が通ります。

PA120034.JPG

納まりも、すっきりしています。

ロケーションの良い窓にウッドブラインド

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

岡崎市の小高い丘にご新居を建てられたお客様です。

2階の寝室には、ウッドブラインドを設置しました。

PC180071.JPG

朝の遮光性をなるべくとりたいご意向と

窓からのロケーションを楽しみたいというのがご希望でした。

PC180072.JPG

ウッドブラインドを全開にしますと、この眺めです。

うらやましぃ~

ご兄弟で麻カーテン

先日ご新居のカーテンでお世話になったお客様。麻カーテンを吊らせていただきました。

そのカーテンを、ご兄弟の方がご覧になられ

「お兄ちゃん、そのカーテンどこで作ったの・・・?」と

「それはね、春日井にあるインテリアモリソンってとこだよ」

ってことで、今回お世話になりましたお客様の写真です。

PB160037.JPG

リフリンの麻カーテンです。

ドレープはグリーンのLL2133W、レースは定番のLL3002W。

木の家の雰囲気、家具のイメージにもぴったりです。

昔の日本家屋リフォーム第2弾

先日、ご紹介させていただきました住宅リフォームのお客様、第2弾です。

今回は、居室部分のカーテンご提案です。

ka-tenn.jpeg

カーテンは、人気のイギリス「Clarke&Clarke」新柄のプリントきじです。

ギャザーバランスを、フジエテキスタイルのワールドファブリックにある綿100%無地コローレより選択。

タッセルはプリティーに、マナトレーディングのファーリーで。

PC030068.JPG

やはりカーテンの見映えを優先して、腰高の窓ですが丈は床まで。

ベットカバーもバランスと同じ生地で作らせていただきました。

お客様にも、満足いただけました。

クリスチャン・フィッシュバッハ総合見本帳「TEXTILE ART」

クリスチャン・フィッシュバッハはスイスの高級カーテンを扱っておるメーカーです。

この度、創業200周年の記念プロジェクトとして、総合見本帳「TEXTILE ART」をリニューアルしました。

image2.jpeg

500柄以上のコレクションの中でも、人気の高い104柄819色をセレクトしております。

コットンやリネンなどの天然素材、ラグジュアリーなシルクやベルベット

最新の技巧や刺繍で仕上げられたレースなど多彩なデザインを掲載しています。

image1.jpeg

ご興味ございましたら、のぞきに来てください。

麻のカーテンは縫製前に吊伸ばし

今回お世話になりましたお客様、写真にはありませんが家の中にはジブリがいっぱい。

カオナシ・トトロ・豚とか・・・棚にはいっぱい。

玄関前のクロスもジブリでした。

カーテンはナチュラルマリン調。おなじみの麻カーテン「リフリン」です。

胴接ぎしておりまして、下部の生地は鮮やかなブルーに白のストライプが入っております。

PA160041.JPG

麻生地カーテンはレールに吊っているだけでも丈が伸びたりします。

弊社では、縫製する前に生地をロールから広げ、吊伸ばしを行ってからカーテンに仕上げていきます。

ポリエステルのカーテンよりも一手間かけて、素材に合わせた仕上を心がけています。

PA160042.JPG

ダイニング側の腰窓は、ブルーの生地でプレーンシェードです。

昔の日本家屋リフォームにエレガントカーテン

年数のたっております在来工法の日本家屋、大がかりなリフォーム工事です。

天井には梁があったりいたします。

こちらは、お嬢様のお部屋でイメージのご希望がエレガントクラシック。

P9210025.JPG

窓のすぐ上には梁があるので、レールの取付位置は決まってきます。

窓高さも床から1800mm。

腰窓ですが、床までカーテンを仕上げました。

レースカーテンはマナトレーディングのリリアンシアーです。

P9210026.JPG

先日、施工後お客様にお会いしたのですが、とっても喜んでいただけました。

麻のフラットカーテンでクローゼットの仕切りに

いま麻のカーテンは、ほんとに人気が高いです。

たしかにナチュラルなイメージにはとても似合います。

麻生地に引き続き、デニム生地を取り扱っていきます。

只今、見本製作中です。またご紹介いたします。

ご寝室のクローゼット扉を付けず、麻のカーテンで間仕切りです。

P8280021.JPG

両開きで作っておりますが、レールの両サイドにも磁石を付け端からも開閉ができます。

P8280020.JPG

カーテンレールも部屋側から見えないように、天井垂れ壁の内側より取付です。

フラットカーテンは手前にもヒダが出てきますので、レール取付位置を考慮しなくてはいけません。

P8280022.JPG